賞与のある企業と無い企業

賞与とは、働いた給料とは異なり、企業から頂くことができるお金です。

金額は、企業により異なりますが、年に一度、二度頂くことができます。

しかし、近年、不況などにより、もらうことができない企業やもらうことができても金額が減少しているなどの傾向がありましたが、アベノミクス効果により、減少傾向にあったのですが、増加をしている企業が増えました。景気が悪いことにより、企業は、経営が良くなかったのですが、アベノミクスにより、商品の売れ行きや円高になり、景気回復の兆しが見えてきたことや企業に対しての税金の緩和などにより、景気が良くなることで働く社員もこの恩恵を受けることができました。

景気が良くなるということは、消費者がお金を使っても安心して使うことができる環境になってきているという事であり、商品がたくさん売れることにより、企業が、利益を出すことができ、結果、働く社員に給料や賞与という形で、還元されるのです。